カテゴリ:脳内マッサージ 音波 聞く( 19 )


マイケル・ジャクソン

これを買ったのは、7年ぐらい前。
ちょうど、例の裁判でm.jがごたついていたときである。
we are the worldを子供が聞きたいといったので、買った。
5枚組みで、夫が好きなジャクソン5の頃の歌から、私が懐かしいスリラー
そして、その頃の最新の曲まで入っていた。
a0170046_15211617.jpg

東欧の国が民主化したばかりのころ(チェコか、ユーゴスラビアか忘れた)
その国でのライブも収録されていた。
a0170046_1514330.jpg

マイケルの曲は、モスクワを歌っても、アフリカの風景と暑い温度が浮かぶ。
私にとっては、色が浮かぶ不思議な曲である。
a0170046_15103367.jpg

子供は、あまり満足しなくて、私が、ご飯作りに景気づけにかけていた。
この頃の最新作は、あまりよいできとは思えず、声もかれかけていて
m.jも焼きが回ったなと思った。
this is itのdvdでは、声がとてもよく出ていたので、
ホルモン注射で声を維持というのは、嘘でなかったかもしれないと思った。
a0170046_1517401.jpg

何かというと「お前、首」といわれ福祉も充実してないいびつな米国で
トップとして輝き続けるのは、緩やかな自殺を意味するのかもしれない。
プレスリーもモンローも、短命だった。

この間、this is itを、dvdではじめてみた。
this is itはクリさんのブログで去年紹介されていた。
http://arrowhead.cocolog-nifty.com/blog/
いくつかアルバムにない知らない曲があって、クリさんに聞いたら親切に調べてくれた。
a0170046_15243827.jpg


その曲は、they don't care about us
大好きなので1日に10回ぐらいパソコンできいてたら、
子供に「お母さんも好きだね」といわれた。
最後のほうで、彼が一人ステップを踏むのだが、
これが、昔テレビの日立番組で見たアフリカ部族の踊りのリズムと
ステップが似ている。
最後のほう、マイケルが前かがみでステップを踏みながらターンし
その後、ソロでステップを踏む、それとそのときのリズムが
アフリカのある部族(覚えていない)ととても似ている。
彼は、あの部族の出身なのだろうか。


アフリカの焼け爛れた日照りの荒野で、その部族の踊り手はステップを踏んでいた。
乾いた土ぼこりが舞った。
その踊り手は素足にエレガントなアンクルチェーンをしていたと思う。
腰みのをつけただけの彼は、そのみすぼらしい風景、環境とはまったくそぐはない
複雑なステップを複雑なリズムに合わせて踏み、踊っていた。
ちょうどマイケルがライブでの踊りで、他の踊り手と違うトランス状態になるように
その踊り手も、トランス状態になっていた。
まさに大地の精霊の声が、彼にのり移ったかのように。
みすぼらしい格好と粗末な竪穴式住居のような家、
それと対照的におしゃれなアンクルチェーンと、複雑なリズムとステップ。
2本の長い木の棒を、持ち手が開いたり閉じたりする間を、リズムに合わせて、
棒に足を挟まれないようにステップを踏む。
よい美術品を見たときに「あれっ」と思う、
不思議な感動と興味を覚えたのを記憶している。

マイケルジャクソンは尽きない興味を与えてくれる。


人気ブログランキングへ
[PR]

by yamatokodou | 2011-01-26 16:44 | 脳内マッサージ 音波 聞く

イランの音楽

は・ああああー、会津磐梯山わあー、たかっらーのうおお、やんまーよー
という民謡がありますが、発声法は、イランがルーツなのかなと思いました。
コーランを読むメロディーとも似ていると、思います。
a0170046_18212462.jpg

シルクロードで、メロディーも伝わってきたのかもしれません。

a0170046_1829271.jpg


by 寅吉本舗
人気ブログランキングへ

↑の虎さんマーク、来年も残してほしい。
[PR]

by yamatokodou | 2010-11-23 18:33 | 脳内マッサージ 音波 聞く

アフガニスタンの音楽

a0170046_427137.jpg

録音の最後に日に、カナリアを、演奏者が持ってきたといいます。
鳥の歌声は、最上の音楽を意味し、
カナリアの声も、音楽内に録音されたそうです。
私には、聞こえなかったのですが。
a0170046_429143.jpg


a0170046_4314679.jpg


museも好き、そして、アフガニスタンの音楽も好き
アフガニスタンの音楽は図書館で借りました。
津軽三味線と、沖縄の蛇三線と、中東のメロディーラインを加えると、
アフガニスタンの音楽になると思う。
懐かしく、エキゾチックで、心がほぐれます。

私は、船乗りシンドバットをはじめとする、アラビアンナイトが好きなので、
好みにあっているのだと思う。

昔、おしん というテレビドラマが中東で受けたというけれど、
共通する精神性を、音楽でも感じます。

シャーロック・ホームズの映画のシーンで、
最初、塔の螺旋階段を、シャーロック・ホームズが駆け下りてゆくのですが、
そのシーンに中東っぽい音楽が流れるのです。
螺旋階段は、dnaの構造の絵にも似て、
羽衣のような布をなびかせながら、
くるくるとターンする中東の踊り子のダンスにも似て
さまざまな、シーンが連想される音楽です。

津軽三味線は、吹雪を連想させ、
アフガニスタン音楽は、砂嵐を連想させます。

はるかなるアフガニスタン。

平和であれば、行ってみたい「よその国」の一つでした。

人気ブログランキングへ
[PR]

by yamatokodou | 2010-11-21 04:37 | 脳内マッサージ 音波 聞く

香りで脳内マッサージ

    心、頭が飽和状態のとき
    香りは、心の扉を開けて、
    新しいエネルギーをもたらす。
    生きててよかったなあ、神様ありがとうと思うのは
    好きな香りが、脳をマッサージしてくれたとき
    
a0170046_1685379.jpg


    柚子水
    柚子が、八百屋さんに出回り始めました。
    香りをつけたお水はおいしい。
    
a0170046_16115751.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]

by yamatokodou | 2010-10-13 16:12 | 脳内マッサージ 音波 聞く

ビートルズ後期の曲

  けっこう、好きな曲

  ポールをこのフィルムで観ると、
  やはり天才ぽいと思う。
  ちょっと、いっちゃってるようなところがある。



  私は、let it beから、ビートルズを聴き始めましたが、
  いやー、このフィルムを観ると、ポールさんの独壇場で
  やはり解散になるだろうことは、みていて予測つきます。
  ちょっと、説教臭すぎるというか、
  他の面々は、辟易してたところもあると思う。



  ポールさんの幼い頃の話で、
  遊びに来た友達に「夕食用の卵」を、オヤツに目玉焼きにして出して、夕食用の卵がなくなって  しまった というお話がありますが、それを覚えています。

  あと、
  ポールさんのお母さんがなくなった後(看護婦さん)
  ポールさんが「お母さんが死んで、ダレが、生活費を持ってくるの」
  って話したことを、今でも反省しているといった話と、

  最近お嫁さんにした女性の金銭問題で
  女性を屋敷の鍵を変えて入れなかったという話、

  これは、マッカートニー氏の性格を象徴的によく
  あらわしていると思う。

  そして、やはり、マネージャーが、突然死したのが、
  このグループにとっては、痛手だったと思う。

  ストーンズと違って、もう、4人の演奏が聞けないのが、さびしい。


人気ブログランキングへ
[PR]

by yamatokodou | 2010-09-24 12:01 | 脳内マッサージ 音波 聞く

心こり を癒す縄文な音波 楽竹団の演奏 縄文祭り報告

   会場入り口に飾られていた、ピンクの刺青のある土偶
   可愛い
a0170046_0274843.jpg


a0170046_025275.jpg


  楽竹団の竹の楽器も売られていて、それをひやかしていたら
  売り場のお姉さんが真面目な顔で
  「後で演奏します」
  というので、そのひたむきさにおどろきました。
  演奏していた人の中に、いたのかもしれません。
  
a0170046_0225495.jpg


   演奏前風景
a0170046_0293996.jpg



   演奏
    青緑色の服を着た人が打つ音が、とても、ひょうきんで、あっけらかんとした
    人工的な電気を通さない音を出すのです。
    むかし、ドンキーコングのゲームがありましたが、
    イメージ的にそのメロディーを思い出しました。


  いろんな処で、見えない電波が体をつきぬけ、
  ムーミンのお話に出てくる、
  電気びりびりのにょろにょろのような状態に
  強制的にされているような感覚がつきまとう街のなかで、
  電波や電気を通さない空気の中に入り込むような、
  柔らかな感覚が、音波により広がりました。
  とても不思議でした。
  
 dvd3500円は高いので買いませんでしたが、
 今cd2000円ぐらいでうっていないかなと、思っています。

 肩こりが治るような、肩透かしを食らうというか、
 とても安らぎのあるとぼけた味もある音楽でした。

 今の人たちは、皆、肩肘はって、つんのめって歩いているなあと
 自分のことも含めて、内省するような、面白い音波でした。
 肩こりならぬ、心こり もあるのかもしれません。

 この楽竹団の人たちの音楽は、
 とても「縄文」です。

人気ブログランキングへ  
[PR]

by yamatokodou | 2010-09-24 00:50 | 脳内マッサージ 音波 聞く

ペニー・レイン

この曲1970年のヒットだったと思う。
もう、40年前。

秋らしい曲だ。
メロディーラインは美しいけれど、単調。



人気ブログランキングへ
[PR]

by yamatokodou | 2010-09-23 11:24 | 脳内マッサージ 音波 聞く

くつろぎ ゆるさ



今日は、幸い、素敵なお月様が出ておじゃる。

満月を見て、狼男になる人たちは、ご苦労さんなこっちゃ。

お月様に乾杯

人気ブログランキングへ
[PR]

by yamatokodou | 2010-09-22 19:04 | 脳内マッサージ 音波 聞く

ホネ 東大公開講座 そしてカルフォルニアドリーム 

今年秋の東大公開講座のテーマが決まったようです。
ホネ
  ほね?

a0170046_23265196.jpg


a0170046_23295090.jpg


予約受付のみとなり、すぐ満杯になるようですから、予約はお早めに。

4大学連合の講演会も面白い。
とくに私の場合は、外語の先生の話が、迫力があり、感動する。
最近、ききにいってない。
無料のためか、パンフレットをおくってくれることはないので、忘れる。
今度、調べて、またききに行こうなか。

私の好みは、若い頃から、すこし、古かった。
なぜかはわからない。
団塊の世代にはやった曲がすきなのだ。
米国は、この曲がはやった頃は、中産階級が育ち、中産階級育ちの子供達が学生時代を
迎えた頃ではないだろうか。
ベトナム戦争を終えて、米国は、かつての輝きを失い始める。

安田講堂付近が、学生のデモ隊と機動隊の戦いの場となった時代もあった。
戦争中は、安田講堂から正門への道を学徒動員の生徒達が行進して行ったそうだ。

この曲を聴くと、そんなことを思い出す。


人気ブログランキングへ
[PR]

by yamatokodou | 2010-09-04 23:36 | 脳内マッサージ 音波 聞く

1969年の意味 ホテルカルフォルニア イーグルス

和訳で69年の象徴的意味がわかる。
http://www.youtube.com/watch?v=VRUj6uDrvec&feature=related
プロヴァンスの贈り物 というワイン作りの映画がある。
そのなかで、1969年のワインのきき酒を、するシーンがあるのですが
なぜ69年なのか。
とても、気になっていました。
今日イーグルスの曲を聴いて、なぜ1969年なのか
わかりました。
しかし幸いなことに、いまでも、よいグループはいます。
この曲は、日本酒を飲むと聴きたくなります。
この曲のエスプレッソのような濃さがよいのです。
 

a0170046_22383073.jpg

飲んだ後の茶粥もよい。
きゅうりの塩もみも。
a0170046_2345556.jpg


人気ブログランキングへ
[PR]

by yamatokodou | 2010-09-04 22:40 | 脳内マッサージ 音波 聞く
line

学力をつける食事         パワースポット参拝散歩


by yamatokodou
line