ベトナム ライスペーパー 属国の歴史

ベトナムのライスペーパーは、兵士の戦闘用食品として開発されたものと、書いてあった。
ベトナムは、中国に、漢時代から10世紀末まで、千年支配された経験を持つ。
a0170046_5205824.jpg

a0170046_5135479.jpg


ベトナムでも生の白身魚と野菜をはさむことがあるのだろうか、
そんな料理が出ていた。
もっと昔は、ご馳走料理として、毒蛇をお客の目の前で、躍らせて、仕留め、
それを薄切りにしてサラダにのせる料理があったという。
この料理の話は、もう15年ぐらい前に、ベトナム旅行記の話で読んだ。
一瞬ゲーと思ったが、それぐらいの食に対する敬虔、あくなき執念がなければ
中国の千年の支配の後、独立したりできないかもしれない。
ベトナムこそ、しなやかで、強い国なのかもしれない。
a0170046_5233220.jpg

しかし、蛇の生肉は、白身と似ているそうですが、寄生虫がいそうだから
食べないほうがよいと思う。
火を通さないとね、やはり。

人気ブログランキングへ
[PR]

by yamatokodou | 2010-10-18 05:34 | 知の水脈 観る 読む
line

学力をつける食事         パワースポット参拝散歩


by yamatokodou
line